北杜市太陽光発電設備設置と自然環境の調和に関する条例案に関する

                      公開質問状への市議会議員の方々からの回答書

  

     62日(日)に北杜市太陽光発電を考える市民ネットワーク共同代表一同より市議会議員全員宛に、616日(日)までの回答期限とする「北杜市太陽光発電設備設置と自然環境の調和に関する条例素案」に対しての公開質問状を送りました。残念ながら、結果は下記の通りで半数以上の方からは回答書をいただくことはできませんでした。

  

敬称略 公開質問状部分を青字・斜体で、記載しました。

回答書の内容は到着順に掲載しています。

 

 回答をお送りくださった市議会議員(敬称略 50音順)4名と1会派(4名)

   池田恭務、栗谷真吾、清水敏行、志村清、ともにあゆむ会(岡野淳、斎藤功文、野中真理子、原堅志)

 

 回答をお送りいただけなかった市議会議員 13名(敬称略 50音順)

  相吉正一、秋山真一、秋山俊和、井出一司、内田俊彦、加藤紀雄、坂本静、進藤正文、清水進、千野秀一、中嶋新、

    福井俊克、藤原尚

  

 

1.市長が自ら設置した検討委員会の提言で示された条例骨子の主要項目が、北杜市の示した素案に生かされなかったことについて、議員としてどのように思われますか?

                                                                                                                                          

 (志村)いまや、7の質問にある「大幅修正なしに条例案として議会に上程」されている事態です。市には提言を「最大限尊重する」姿勢はなく、その後のパブコメに寄せられた133件の市民意見も手続き上「ただ聞いただけ」の態度です。今議会日程の当初の執行部案は、25日(代表質問予定)の前日の24日の全協で議員に初めて条例案を説明するーこととなっており、指摘されて議員へのパブコメ意見の説明など前倒しの日程になったわけですが、議会軽視、市民軽視の市の姿勢がこの件でも垣間見えました。提言の主要点が素案・条例案に生かされていない諸点については、具体的に特別委のなかでただすほかありません。その点で、検討委員だった一人として責任は重いと自覚しています。

 

 (ともにあゆむ会)条例案の作成過程に複数の法制専門家の意見が反映されていることも含めて、検証していきたいと考えています。

  

 (栗谷)多くの市民が望む、条例の肝になると思われる部分が反映されていない、ということはとても残念に思います。ここに至るまで

   の己の力不足を痛感しています。

    また、改めて市長の太陽光発電設備に対するスタンスが、困っている市民に寄り添っているとは感じられない内容になっていると

     思いました。 

 

 (池田)各会派の代表が参加していることを考えると、かなりの範囲の市民の声を代弁しているはずです。さらに市民委員、事業者、 

  学識経験者?、弁護士などの布陣ですので、提言書が条例に生かされていないのは、渡辺市長の市民に対する姿勢の表れと捉

  えています。

 

 (清水敏行)取り急ぎご回答になるかわかりませんが、ご返答させていただきます。検討委員会の提言が、生かされるべきであると

  考えます。設置趣旨、また、目的達成のために、そう考えます。素案に対し特別委員会の中で、自分の見解を述べたいと思いま  

  す。

                                                                                                                                                                                      

2.この素案で、第一条の目的が達成できる、または守られると思われますか?

      はい、いいえ(理由)

 

 (志村)いいえ(理由)住民説明会の義務化、高さやセットバック制限、禁止エリア設定、既設案件への猶予期間を定めた改善命令など、「提言」の肝心な点を変えた「素案」では、パネル乱立から美しい北杜の景観と生活環境、市民の安心・安全な生活を守るという目的は到底達せられないと思います。

                                                                                                                  

 (ともにあゆむ会)二者択一で答えられるものではないと思っています。

                        

 (栗谷)いいえ(理由)確定的なことは言えませんが、達成できない可能性が高いと思っています。特に、説明会を義務付けていな 

      いことは、地域住民とのトラブルが続くのではないかと思います。

 

 (池田)いいえ(理由)豊かな自然環境、美しい景観、市民の安全・安心な生活環境の調和は図られないと考えます。よって、北杜市の魅力にたいして、マイナスの影響を及ぼしかねない条例であると捉えています。

                                            

3. 現在、約1200件の未稼働案件があります。これらが素案で示す1m以上の離隔距離および2.5m以下の高さで設置されることになれば、最悪の場合には自宅の周囲をこの基準で三方囲まれる可能性があります。その住民の財産権および生活権は侵害されないと思われますか? 

    はい、いいえ(理由)

  

 (志村)いいえ(理由)すでに裁判を闘われている渡部さんの例のごとく、財産権も生活圏も侵害されることは明白です。だからこそ提言には議論の末、セットバックや高さに明確な基準を設けたわけで、譲れない中心点のひとつだと思います。

                                                   

 (ともにあゆむ会)双方に財産権があり、そのバランスが重要と考えています。                                       

   数値については特別委員会で質していきます。

                                                  

 (栗谷)いいえ(理由)事業者に対しての配慮がとても強い内容だと感じています。住民の財産権および生活権が侵害される可能性はあると思います。

 

  (池田)いいえ(理由)離隔距離1mでは安全確保がされないと考えます。高さ1.5mについても事業性の観点から決して過度ということはないため、2.5mにする意味は見出せません。 

                                                      

4.素案によれば、住民の生命・財産に危険を及ぼす防災上危険区域への設置が市長との協議によっては認められ、自然環境や住

  環境の豊かさに惹かれて北杜市に移住する人びとや観光客への悪影響が想定されます。こうしたリスクを冒してまで、なにゆえに

  太陽光発電設備の事業者(市外事業者が市内設置設備容量の80%以上を占める)の利益を守るメリットがあるとお考えでしょう

  か? 

  はい、いいえ(理由)

 

 (志村) いいえ◎ なぜこうした提言の趣旨からの変更をしたのか、市の判断をただすほかありません。

                                  

  (ともにあゆむ会)メリットというよりは、憲法等上位法との関係だと思います。

                       

  (栗谷)移住者や観光客だけでなく、この地で生まれ育った方々の中にも、無秩序に作られる太陽光発電設備に対しては快く思って

      いない人もいます。

    特に、災害時に被害が大きくなる可能性のある場所への設置を認める、ということは北杜の未来にとって大きなリスクが伴うと思

   います。 

 

  (池田) いいえ(理由)防災上危険区域に設備を設置することの正当性は全くないと考えます。 

 

5.この素案が条例として制定されることは、これまで「人と自然と文化が躍動する環境創造都市」「山紫水明」を標榜し推進してきた

    北杜市の将来にとって正しいこととお考えですか?

   はい、いいえ(理由)

                                                                                                    

(志村)いいえ◎「せっかく」市民、業者、議会代表らで「検討委員会」をつくって検討したのに、その結果が「1m以上の離隔距離でいい」条例では「業者にやさしい条例を制定した北杜市」といわれます。将来に禍根を残すことになりかねません。

                                                                                                                        

 (ともにあゆむ会)これも二者択一で答えられることではなく、北杜市の自然や生活環境のために私たちがすべきことを考えていきます。

                                                                                                                        

  (栗谷) 分からない(理由)もともとそれらのキャッチフレーズに違和感を持っていることから、正しいことかどうか、という判断は難しい

      と感じています。

 

 (池田) いいえ(理由)1条の目的が達成されず、逆行するので、正しい選択ではないと考えます。        

                                                                                                  

6.検討委員会に会派代表として参加された議員の方々およびその会派の議員の方々に伺います。提言に賛同した会派(委員)としての責任をどのようにお感じになりますか?

                                                                                               

 (志村) 質問1にお答えした通りですが、提言の1ページ目に『提言を最大限尊重すること』を加えるよう提案した一人として怒りを覚えています。

                                                                                                      

 (ともにあゆむ会)条例案作成過程での複数の法制専門家の意見も含めてさまざまな面を検証し、責任を果たしていきたいと考えています。

                                                                      

 (栗谷)市民、事業者、学識経験者、議員全員が賛成して提出された提言書は大変意味のあるもので、条例制定のうえでも重く受け止めなければいけないことだと考えています。提言書の内容を元に特別委員会で審議していくつもりです。

  

7. この素案が大幅修正なしで条例案として議会に上程された場合、どのように対処されますか?

    A.  検討委員会の提言に添った修正案を提出する。

      B.  条件付きで賛成する。(条件) 

    C. 上程される条例案通り賛成する。

      D. その他

                                                                                                                     

 (志村)D.その他 BもCもありえません。Aの立場で頑張る決意ですが、修正案を出せる力関係が議会の中で(特別委員会の中で)築けるかが課題です。訂正程度の中途半端な修正では賛成できません。

                                                                                                   

 (ともにあゆむ会)D.その他 会派としてギリギリまで対応を検討します。

                                                                                      

  (栗谷)D.その他 今時点での結論が出せていません。とても迷っています。委員会での審議の中で答えを見出したいです。出来る限りの努力をしていきます。

 

 (池田) 力不足を痛感しています。過半数を大幅に超える議員が原案に賛成のようです。細々した修正がされたとしても、骨子が修正されない限りは原案には賛成できません。

                                                                                    

8.その他のご意見をお願いします。

                                                                                    

 (志村)検討委員会の委員だった松平弁護士の意見、アドバイスが「提言」と「素案」の違いに相当反映されていると感じます。同氏が、事業者の営業権・財産権、法律の範囲内、上乗せ条例などについて検討委員会で意見を述べていたことは確かですが、「提言」は同氏も含めて全会一致でした。こうした矛盾点も突いていきたいと考えています。

                                                                                以上